暮らしの見直し vol.1~物を捨て始めた話~

ライフスタイル

はじめに

少しずつモノを捨て始めて、半年以上が経ちました

そこで、きっかけや捨てたもの、いろんな変化など

一度に全ては書ききれなさそうなので

数回に分けて、お話したいと思います

きっかけ

今回はきっかけ編。

Youtubeでは、モノを捨て始めたことを少しお話しましたが

それにはきっかけがありました

我が家は古い賃貸のおうちです

インテリアや雰囲気を一言で表すとしたら

“素朴”(/・ω・)/

ごちゃごちゃでもないけれどおしゃれとかでもない

(ひとによってはごちゃごちゃだろ!と思う方もいるかもしれませんがw)

とにかく素朴です

去年の中頃、Instagramやピンタレストで、お家やインテリアの写真を見て

これ素敵だな~!パントリーは絶対欲しい!キッチンの色はナチュラル系で…

なんて夢を膨らませる。ということにはまりましてw

それでだんだんと

あぁ、私の中にこんな憧れがあったんだ…と気がついて。

専業主婦である私が1日のほととんどを過ごしているであろう場所

“おうち”、をより快適に過ごせる大好きな場所にしたいと思うようになりました

もちろんそれまでも快適に過ごせる部屋作りがしたい!とは思っていたし

掃除はそこそこ、物はちょっぴり多いかもしれないけれど、整理整頓も嫌いではない

“お気に入りがある暮らし”

に憧れて、モノもこだわって選んできたつもり…

それでもなんだか、部屋の雰囲気はちぐはぐとした印象

快適か?と言われたら、快適ではあるけれど…

何かが違う。

とりあえず調べてみた

私はセンスがないから…と諦めていては何もはじまらない

そう思っていろいろと調べはじめました

Youtube、ブログ、本などで

捨てることや、家事をしやすくする方法

インテリアの基本や、賃貸のDIYの方法などなど。

そこではっとさせられたことがたくさんありました

・お気に入りの雑貨や小物、それは部屋で浮いた存在になっていないか

・必要なもの=使えるもの、必要ないもの=使えないもの、必ずしもそうではないこと

・電球ひとつで部屋の雰囲気は変わること

・賃貸でも床や壁は自分で張り替えられる(退去時に元に戻せる方法で)こと

・今うちにあるいろんな種類の洗剤は一見違うものに見えても成分が同じ場合があるということ

などなど…

それから、部屋にあるひとつひとつのモノと向き合いはじめました。

“お気に入りがある暮らし”

から

“お気に入りだけの暮らし”

を目指して。

まずは、お気にいらないモノを減らすことからはじめたのがきっかけです

わけわからないなりに

そして少しだけスッキリしてきた“おうち”で過ごしてみて

感じたことがあります

モノが適切な量になってくると、家事のしやすさが変わってくる

家事のしやすさが変わってくると、自分の機嫌も変わってくる

お気に入りが増えてくると、お気にいらないモノや合わないモノが目立ってくる

目立っているモノを対処(移動、処分、買い替え、買い足し)していくと、統一感が出てくる

そういう気づきがありました

次回のお知らせ

次回は、まず最初にやったことを書きたいと思います。

センスがない私だからこその遠回りで不器用なやり方ですが

私のように何から手を付けたらいいのかわからない人、もしかしたらけっこういるのでは?

と思ったので、これが何かのきっかけになれたら嬉しいです

“誰が見てもおしゃれな部屋”を目指してはいません

あくまで素朴、でもなんとなくスッキリしている

心が整う部屋、家事がはかどるおうち…(/・ω・)/

モノを捨て始めたことに触れている(8:24~)動画はコチラです▼

ごはん窯が届いた日〜お気に入りだけに囲まれて暮らしたい〜
タイトルとURLをコピーしました