専業主婦が洋服に着替えるタイミング

はるたの日常

こんにちは!はるた(@Haruta_cyacya)です

学生の頃、起きたらまずリビングに行く

パジャマのまま朝ごはんを食べて、出かける時間の少し前になったら着替えて支度をして学校へ行くというのがあたりまえでした

それは社会人になってからも変わらず、ぎりぎりまで寝て、出かける時間ぎりぎりになって着替えて仕事に行く…

専業主婦になってからは、今まで出かける寸前に着替えていたという癖が抜けず、朝ごはん、朝の家事も済ませ、ひと段落ついてから買い物に行く前に着替える

という感じで、このことになんの疑問も抱かずに過ごしてきました

が!

つい最近、この着替えるタイミングを変えてみたらどうか?とふと思った

という話がしたいです

我が家は2階建てで、1階にリビング、2階に寝室

洋服は2階にしまってあります

暖房を使っている部屋は1階のリビングのみ

古いお家なので、ウォークインクローゼットなんてものがあるはずもなく

暖房のついているリビングで着替えます

よし着替えるぞと思ったときに、2階まで洋服をとりに行かなければならないというのが面倒で…

リビングに洋服ダンスを置くスペースはないので、 よく着るものだけでもハンガーラックにかけて置いておくということをしていました

そうすると、なんだか部屋がごちゃっとして見えて…かといって、2階に全ておいてしまっては、毎日のことなので取りに行くのが面倒…

それでも、仕方のないことだと諦めていました

いつだったか、ほんまでっかTVのCMが流れてきて

『朝起きてすぐ着替える人は太りにくい』みたいなフレーズが耳に入ってきました

番組自体は見ていないので、このことの詳細はわかりませんが

着替えるタイミング変えてみよう!!

と思ったのでした

それと同時に、ハンガーラックごちゃっと問題もどうにかならないか?と考えました

そして、考えた結果…

洋服を全て2階に戻し

夜、寝る前に明日着る洋服を選んで、起きたらすぐに持って降りれるようにしておく

朝起きて、洋服を持って降りたら、暖房とケトルのスイッチを入れて、顔を洗う

お湯が沸いたら白湯を飲みながら部屋が暖まるのを待つ

5分ほど経ったら、着替える

それから朝ごはんの支度をはじめる、という風に変えました

夜、一度着ただけでは洗わないズボンやスカートなどは寝るときに一緒に持ってあがります(最初は忘れてしまいますw何度かやっているうちに持って上がらなきゃという癖がついてきました)

そして、明日着る洋服を選んでおく

の繰り返し

これだけのことなのですが…

これまでは毎日気が向いた時間に着替えていたので、出かける予定のない日に、洋服を準備をしておくなんていうことすら頭になく…今は、朝起きたらすぐ着替えたいから洋服を持って降りられるように準備しておくというのが、腑に落ちています

洋服をとりに行くめんどうもなく、部屋はスッキリして

何より、起きてすぐ着替えると気持ちと体がシャキっとする

こんなに簡単なことなのに、あたりまえがあたりまえすぎて、疑問に思うことすら今までできませんでした

こういうことって、まだたくさんありそうだなと思うのでした

何か不自由に感じたら、仕方ないと思ってしまうことをやめようと思います

何かいい案があるはず、と今まであたりまえとしていたことを疑ってみることにします!!

あ、もちろん…1日中パジャマで背筋を伸ばさず過ごしたいときもあります

タイトルとURLをコピーしました